1. HOME
  2. タメになる
  3. Photoshopをフル活用した簡単イラストチェック!

Photoshopをフル活用した簡単イラストチェック!

どうぶつが大好きなデザイナー、石井です。
前回に引き続き、Photoshopの便利な小技をご紹介したいと思います。
今回はイラストのチェックにも役立つ機能をメインにしてみました。

「レイヤースタイル」を活用してみよう

レイヤースタイルにはさまざまな機能があることを知っていますか?
その中でもイラストのチェックをするときに使える便利機能がこちら!

(1)まず、レイヤースタイルを使用するには、レイヤーをダブルクリックします。

(2) このような画面が出てきました。
ためしに、描画色を変更できる「カラーオーバーレイ」を使用してみます。
今回は設定色を赤色にしてみました。

(3)するとこのように、適用したレイヤーやフォルダの描画色が赤に変更されました。
描画物の色が直接変更されているわけではないので、効果の左にある目のマークをクリックすればいつでも元に戻すことができます。

…ここまではご存じの方も多いと思いますが、このレイヤースタイル、自由に設定した後、保存もできるんです。
(2)の「レイヤースタイル」画面の右側にある、「新規スタイル」を押すことで、今の設定を「スタイル」のウィンドウに保存することができるんです。
スタイルウィンドウはメニューの「ウィンドウ」→「スタイル」で呼び出せます。

スタイルの保存を活用すれば、このようなゴミなどのチェックがワンクリックで可能になります!

画像は、
・「カラーオーバーレイ」で絵全体を黒く変更。
・「境界線」を「外側」に設定してゴミを赤く表示。
・「境界線」を「内側」に設定して抜けを緑で表示。
この3つのスタイルを登録したものです。
ゴミが赤色の点で、抜けが緑の点で表示されていますね。

さらに、スタイルの保存は、レイヤーの不透明度を指定することが可能です。
たとえば、「赤い境界線を付けるスタイル」を作成して、レイヤーの塗りを0%にしてスタイルを保存してみましょう。
すると、上の画像のように、黒い円に対してスタイルを適用するだけで、赤い丸を素早く描くことが出来ますよ。

こんな風に、フィードバック画像をつくるときなどに便利ですね。

「ディザ合成」で正確に色をとる

特定のレイヤーに使われている色をすばやくスポイトでとって使いたい…。
絵を描いていると、そんなことがよくあるのではないでしょうか。
たとえば、「乗算」の影があったとしたら、そのままスポイトでとると「乗算」のままの色をとってしまいますよね。
モードを「通常」に変えてとろうとしても、不透明度に左右されて正確な色がとれない可能性があります。
そんなときに便利な機能がこちら。

このイラストの頬染めに使われている色をスポイトで取ろうと思います。
しかし、グラデーション状に描かれていて、レイヤーの不透明度も50%になっていますね…。
このままではスポイトツールで色が取りづらい状況です。
こんなときは、レイヤーモードを「ディザ合成」にしてみましょう。

「ディザ合成」を利用すると、アンチエイリアスの表示がオフになります。
これで、使用されている色が100%表示されるんです。
これなら、レイヤーの不透明度が低くても、筆圧を効かせたブラシで描かれていても大丈夫です。
そのレイヤーに使用されている色を正確に取ることができます。

いかがだったでしょうか。
今回は、Photoshopでのイラストチェックやフィードバックの作成に使える機能を紹介しました。

それでは、今回はここまで。

関連記事