「選択範囲」を使いこなしてPhotoshopでの作業をもっと楽に!

株式会社サンバードに勤務してはや5年、デザイナーの石井と申します。
今回は、Photoshopでイラストを制作するうえで、知っておくと便利な方法をまとめてみたのでご紹介したいと思います。


綺麗な円をすばやく描ける! 「選択範囲ツール」と「選択範囲の拡張」

Photoshopは機能がたくさんあって、すぐに使いこなすのはなかなか難しいと思います。
でも、便利なツールをいくつか覚えておけば、作業スピードが上がって効率よく進められるようになるんです。
例えば、円の描き方です。円って、普通に描こうと思うと、線が曲がってしまったりして、正確に描くのは大変ですよね。
ここでは、「選択範囲」を利用して、綺麗な正円を素早く描く方法をご紹介したいと思います。

①まず、楕円形選択ツールを使用し、正円を描きます。
※正円は、Shiftキーを押しながら選択範囲を作ります。

②メニューの「選択範囲」→「選択範囲の変更」→「縮小」を選んで、描きたい円の線幅のピクセル数の数値を入力しましょう。
今回は、4pxに設定してみます。

③最後に、Deleteキーを押して選択した範囲を削除します。
これだけで、4pxの線の正確で綺麗な円が描けましたね!


アウトラインを早く、均一に太くする方法

先ほどの機能を利用すると、キャラクターのアウトラインを均等に太くする、なんてこともできます。

今回は、このイラストを例に、「選択範囲」を利用してアウトラインを4px太くしてみたいと思います。

①まず、背景の領域で選択範囲を取り、線画とは別のレイヤーに塗りつぶしをします。
画像のピンク色の部分が、塗りつぶした部分ですね。
このとき、塗り漏れを防ぐために、1~2pxほど選択範囲を拡張して塗りつぶしましょう。
今回は「2px」拡張します。

②先ほど塗り潰した領域を範囲選択した状態で、「選択範囲を反転」をします。
さらに、「①で拡張したピクセル数+太くしたい線幅のピクセル数」だけ選択範囲を拡張しましょう。
今回は、①で「2px」拡張していますね。
アウトラインは「4px」太くしようと思うので、ここで指定する拡張ピクセル数は「6px」になります。

③再度、「選択範囲を反転」をして、Deleteキーを押します。
これで、右図のピンク色の部分のように「4px」のアウトラインができました!

④最後に、ピンク色の線を黒くして完成です。
アウトラインを素早く均等に太くすることができました。
仕事の現場においても、デフォルメイラストの制作等ではアウトラインの加工が必要なことがありますので、この方法を知っておくと便利です。


レイヤー統合のちょっとした小ネタ

最後に、レイヤー名に関するちょっとした小ネタをご紹介したいと思います。

左図の「下塗り」と「レイヤー1」を統合したいと思います。
下のレイヤーに統合するショートカットは「Ctrl+E」ですが…。

右図のように、「下塗り」という名前のままにしたかったのに、統合後のレイヤー名は「レイヤー1」になってしまいました。
このように、せっかく編集していたレイヤー名が統合で消えてしまうことってありませんか?

そんなときは、Ctrlキーを押しながら、統合したいレイヤーを全て選んでから「Ctrl+E」を押してみてください。

すると…

レイヤー名が「下塗り」になりましたね!
このように、複数のレイヤーを選択してから統合すると、統合後のレイヤー名は一番上のレイヤー名が適用されます。
レイヤーの統合は、レイヤーの順番によって使い分けてみてもいいかもしれませんね。
覚えておくと、意外と便利ですよ!

いかがだったでしょうか。
今回は、Photoshopのちょっとした便利な小技をいくつかご紹介しました。
まだまだ色々な小技があるので、いずれご紹介できればと思います。

石井

ゲームイラスト制作会社でデザイナーをしている者です。ゲームそのものをつくっている制作会社とは違い、ゲームに関わるグラフィック全般を制作している会社に長く在籍していますので、ゲーム制作会社様とフリーランスイラストレーター様の両方とのやりとりを経て蓄積した、役立つ技術や情報をみなさんにお伝えできたらと思っています。

投稿一覧 : 石井