キャラの顔は目の描きかた次第で映える!

2次元でのメイクアップ(アイメイク編)

本田翼ちゃんに憧れて「翼ちゃんにしてください!」とカットにしてもらったある日のバイト帰り、「やる気のない本田翼みたいだね」と言われたおもちでございます。
3次元でもそうですが、目ってすっごく重要ですよね。
キャラの命といっても過言ではないと思っております。
死んだ目をしていると、せっかく造形が可愛くても台無しになってしまうんです。
やはり可愛いポイントと言えば、ぱっちりお目々なんですよねぇ。
お化粧でもアイメイクが1番気合入ります。
本当に目が命です!
そして一番描いていて楽しいです!
線を描くのも、色を考えながら塗るのもめちゃくちゃ楽しいです。
まだハマっていない方はこれを機にハマってくれたらいいなと思います!


目元の印象を決めるアイシャドウ

アイメイクと言ったら、なんといってもアイシャドウですよね。
アイシャドウは色などによって、大きく印象を変えてくれます。
マット、ラメ、…いろいろな種類があります。
ラメだとキラキラしているので目元が明るくなります。

塗り方としては、目の周りを囲むようなイメージです。
ここで塗りすぎるとケバくなってパンダ目になってしまいます。
自然に塗るには、まぶたの高くなっているところの色を薄くし、ぼかして馴染ませるのがコツです!
下まぶたも目尻から目頭に向かってぼかす形が自然です。黒目の中間くらいまで塗れば、クマっぽくなりません。
ラメシャドウでは、まぶたの一番高い位置にチョンッとハイライトを入れてあげると、少しだけ煌びやかな印象になります。
ちなみにラメにするときは、白を点々と置くのではなく、白に近いアイシャドウの色にしてあげれば馴染んでキラキラしているように見えます。
おまけですが、薄ピンクとか紫は腫れぼったく見えてしまうので、一重のキャラを描くときには、要注意です。殴られたみたいになっちゃいます…。
3次元でもパンパンになって見えるので、似合う人は本当に尊敬します。


アイラインを引くだけで思い描く目の形に!

アイシャドウの次に重要なのは、アイラインです。
アイラインは、たれ目、つり目が自由自在です!

クールなキャラなら、アイラインをハネ上げてキリッとした印象に。
穏やかなキャラなら、アイラインを目の形に合わせ下に引いて、ゆるくカーブを描いた可愛らしい印象に。
アイシャドウの塗り方も、アイラインに沿って塗ってあげれば、思い描く形に寄せやすいです。
つり目はアイホール全体に丸く塗るのではなく、細くシュッとするイメージで塗ると、“らしく”なります。
対して下まぶたの目尻に多めにアイシャドウを塗ってあげれば、たれ目の印象に近づけられます。
キャラクターは基本的に目を大きく描くので、アイホール全体に塗っちゃうと、目が大きすぎて気持ち悪く見えちゃうかもしれません。
自分の絵柄に合わせたメイクをしてあげれば、ほどよく可愛く見えるのではないでしょうか。


目はたし算で大きく見せる!

やっぱり目は、クリクリしてる方が可愛いに決まってる。
私的ですが、足せば足すほど目が大きくなると思うんです。
足しすぎもダメなんですけどね。

まず必要不可欠なのが涙袋です。
涙袋のデカ目効果は驚異的ですよ!
3次元でも涙袋があると大きく見えるので、涙袋メイクをしている子がほとんどってくらい重要です。
涙袋を描く場合、絵がリアル調になってしまうので注意です。
絵柄に合ってなかったらごめんなさい。

まずは、アイシャドウのみとの比較してみました。

ね? 大きくみえるでしょ!
肌の一番濃い影色をベースに、肌のベース色を上から馴染ませるように塗ります。
涙袋の一番膨らんでいる中心を明るく塗ってあげると、ぷくっとします。
よくある失敗例も比較しました。

②は、ぷっくりしているのですが、影色を残しすぎるとクマっぽく見えてしまします。
肌のベース色で影色を減らすように馴染ませてあげれば、クマっぽくならずぷっくりとした涙袋になります。
③では、デカ目を意識しすぎて、大きくしようという気持ちが大きくて、たるみのように見えてしまっています。
例では、スッピンの時点で目を大きく描いているので、小さめに描いた方がちょうどいいかと思います。
目を大きめに描いている絵柄の人は、涙袋は小さめに描くか、もしかしたら描かなくてもいいかもしれません。


小さくても一目で変わる!

まつ毛は細かいし無意識に描きがちですが、意外と描き分けができるんですよね。
これもたし算で「多めに」「長めに」と描くと確かに目が大きく見えます。
でも多めでも違和感があるし、長すぎても何かが違う感じになってしまいますよね。

ここばっかりは、3次元と違う気がします。
案外まつ毛は描きすぎない方が、イラスト的には嫌味がないように見えるかも。

まだメイクなんてしていなかった頃の私は、まつ毛を盛りすぎて家族に「虫描いてるの?」なんて言われました…。
多く描こうと思うとびっしり詰めがちですが、感覚とか場所によっての濃さが案外重要なんですよね。
ちょこっといろいろなまつ毛を描いてみました 。

まつ毛を違う描き方にするだけで、絵柄も違って見えるので遊び程度に描き分けてみると楽しいですよ。
まつ毛にもハイライトをサッと入れるだけで、生えてる感も増しますし、ふさふさ感も出しやすいです。
個人的にちょっと難しいなと感じたのは②ですね。
量を増やすと同じ長さを描くと違和感が生じるので、長さ、感覚を意識しながら描けば、違和感なく仕上がると思います。
リアルに描くなら④、サーカス団員っぽく描くなら⑥とかまつ毛までにも個性を持たせてみて下さい。

前回の記事はこちらから!

2次元でのメイクアップ
次の記事がこのシリーズ最後です。では!

おもち

デザイナーのおもちと申します。銃を持って駆け回っているゲーマーの引きこもりです。 高校を卒業して、お煎餅の工場に就職し、お煎餅で生涯を終えるのは違うと確信し、夢のイラストを携わるお仕事を追い求めフリーターになって貯金し、専門学校に通い、ここまでやって来ました。

投稿一覧 : おもち