趣味の範囲を抜け出したら見えた! 便利な機能たち

学生は割と知らない? 知ってよかったPhotoshopのこと!

ついに学生生活がすべて終わってしまい、最近、女子高生がまぶしく見えるやすおです。
先日、専門学校の卒業式を終えたばかりの私ですが、実は1年ほど前から、2Dデザイナーとしてサンバードで働かせていただいています。
トータルして100日も勤務していませんが、その中で、“趣味で描いていたときには気づかなかった便利な機能”ってたくさんあるんです。

Photoshopユーザーからしたら、「こんなの知っていて当たり前では?」というような、基礎中の基礎のことかもしれません。でも、別のペイントツールを使ってきた私からしたら、そりゃもう革命的なことばかりで…毎日が感動の連続でした。

ふと、「よその会社でイラストを描いている友達も同じことを思っているのか?」と思い、春から新社会人のデザイナー4人を集めて、卒業式後に意見交換会をしてきました!


やっぱり王道、Photoshop!

一口に、デジタルで絵を描くといっても、たくさんのペイントツールがあります。
趣味であれば、どんなツールで、どんな拡張子で描いても問題ないのですが、仕事となると話は変わってきます。
そこで、「会社では、どんなツール使っているの?」と聞くと、CLIP STUDIOであったり、3Dに携わる友人はMAYAであったり、Z Brushであったり―――。

そんな中で、納得の第1位は“Photoshop”でした。
なんと、使用率100%!! さすがです…。
CLIP STUDIOを使っている友人も、結局はPhotoshopの拡張子である「.psd」に変換してから提出しています。

学生のうちに慣れておきたいツールNo.1なのは間違いないですね。


もう、ショートカットキーなしでは生きられない

Photoshopを使ってきたなかで、満場一致で「なんて便利なんだ!」と感動したものに、ショートカットキーがあります。
普段PCを触っていて、あたりまえのように使う超時短機能ですが、なんにせよ把握できないほどの種類がある!
全部暗記できるわけがない!!
それに、すべてがすべて必要かといわれると、わりとそうでもないと思います。

ということで、『最近知って感動したショートカットキー』をまとめてみました!

この中でも私がよく使うのは2番のキャンバスを別名で保存です。
psdデータを別の拡張子で保存するときや、差分、バックアップを取るときに本当に便利です…!
間違えて「Shift」を押し忘れると大変なことになりますが…(笑)。

他にも、Adobeの公式サイトで初期設定のショートカットキーの一覧が見られるので、これを機に自分に必要なショートカットキーを覚えるのはいかがでしょうか?

「初期設定じゃ使いにくい!」
「使いたいショートカットがない!」

そんなときは…

「キーボードショートカットとメニュー」から自分好みにアレンジもできるので安心ですね!


「パス」さえあれば、手ブレなんて怖くない!

線画を引いてたり、画像の細かい切り抜きをしているときの天敵“手ブレ”に悩んだことありませんか?


私は嫌というほどあります。

「太さが均一なきれいな線なんか、フリーハンドで描けるか!」と、よく嘆いていました。
そう、Photoshopの“パス”を使うまでは…。

万年筆みたいなペン先のツールがペンツールなのですが、“線を引く”というよりは、“線を置く”感覚で、クリックで点を打てて、ドラッグで曲げられます。気に入らないところがあれば、ハンドルを動かして…という作業を繰り返して、線を引きたいところに「パス」を置きます。


線を定めたら、上図の画面右下にある「パスウィンドウ」で線を引いたり、線の中を塗りつぶしたり、選択範囲にしたり…無限の可能性を秘めてます。

ペンで線を“引く”とは感覚が全く違うので、最初は難しく感じるのですが、少しでも触って、操作方法を覚えておくだけで、ぐんっと作業効率があがります! 
難しい曲線だけパスで引くなんてことも時短に!

adobe公式サイトの説明は小難しく書かれていて、読むと「???」となってしまいますが、そう難しくないので、使ったことのない方はぜひチャレンジしてみてください


ブラシツールをさらに最強にする『Lazy Nezumi Pro』を使ってみた!

他のペイントツールに慣れている人なら、一度は思ったことあると思います。


「ブラシのカスタマイズ」を自由自在に使いたい…

個人的に、Photoshopは線画がとにかく他のツールに比べて引きにくく感じます。
それも、一番使い慣れているCLIP STUDIOでは、自分の筆圧をセーブするために、筆圧曲線をいじって硬めにしていました。

が、Photoshopにはそれが見当たらない…。
もっと直感的にブラシを使いたい…! というのが原因です。
そしたら、意見交換会でこんな情報が…!

“Lazy Nezumi”っていう拡張ツールがあるんですよ」と。

手ブレ補正や筆圧が自由自在になり、線画が引きやすくなるらしい。
そんなの、使ってみるしかない!!
ということで、15日間無料体験できるので、さっそく使ってみました。

海外のソフトなのですが、日本語も対応していて、わかりやすい! とくに難しい設定もなく、インストールしてすぐに使えました。

筆圧も使いやすいように設定し、使っていたのですが、なんと、定規なども登録されているので、さまざまなものが楽に描けるじゃないですか!

Photoshopの図形ツールよりも使いやすいかもしれません…。

パース定規など他にもたくさんのツールがあったのですが、それはまた後日に書けたらいいなあと…!
ずっとずっと使いこみたいと思わせる、楽しくて便利な拡張ソフトです!

なんと、このソフトは別のペイントソフトでも動かせるみたいなので、持っていて損はしなさそうです!

Lazy Nezumi Pro 公式 ※海外サイトです

今回はこれくらいで終えときます!
また次回に~。

やすお

新米デザイナーのやすおです。女です。三度の飯よりマンガが好きで、本屋に入ったら2時間は出てこれません。絵を描くのはもちろんですが、歌謡曲を聴いたり、電車に乗ったり、スポーツ観戦することも趣味です。なにかと、好きなものが古いことが多いので、なんとか現代についていきたいです!

投稿一覧 : やすお